筏師

  • 筏師
  • 筏師
  • 筏師

木材の輸送作業を行う筏師の歴史は、木材の歴史と重なる。そのルーツには諸説あるが、この地方の筏師を紹介する。
名古屋は慶⻑15(1610)年、名古屋城築城工事開始と同時に資材搬入用の堀川を開削して、木材の流通が盛んになった土地でもある。木曽川や飛騨川では、木曽やその周辺の山々から伐り出された木材を運ぶ筏師が活躍していた。
その運材方法は、毎年春になるとそま(木を伐り出す職人)が山に入り巨木を伐り倒し、夏の終わる頃には伐木を山々の谷を縫う小川に落とす(「山落とし」)。その後、木材は木曽川本流の合流点に集められる。
12月半ばには、木曽川流送が始まり、錦織網場にしきおりあば(現、岐阜県八百津町)まで、また飛騨川の場合は下麻生網しもあそうあば場(現、岐阜県川辺町)まで、木材が滞留しないよう運搬する。
急流を下った木材は網場で本筏に編成され、筏師の「筏送り」により、兼山(現、岐阜県可児市兼山)、犬山、円城寺(岐阜県笠松町)を経由して熱田白鳥の貯木場、または三重県桑名の貯木場まで搬送された。伐り出しから「筏送り」の終着までほぼ1年を要した。
筏師は、筏の組み方、一本の丸太に乗り船から降ろされた木材を1カ所に集める技、筏の解き方などを習得して作業を行い、その技術も伐り出される木材の量の増加とともに進歩してきた。
大正から昭和初期にかけて木材需要が伸びるにつれて、船による移輸入が増加し、木材を保管する貯木場の開設や増設が始まった。それに伴う木材の入出荷を管理、作業を行う筏取り扱い業者が求められるようになり、筏師も港湾労働者として会社に雇用されるようになった。筏師の作業内容も、沖取り、筏の曳航、貯木場搬入、検量、仕訳、筏乗り上げ、椪積み、沈木処理、車への積み込みなど多岐にわたることとなった。
なお、「筏師」の名称が正式に呼称統一されたのは、昭和28年であった。古くは『新古今和歌集』にも「筏士」の呼称があるが、江戶時代以降の古文書には「筏師」の文字は見当たらない。「川日雇、とび、筏衆、川人足、筏乗り……」などさまざまで、優れた者を「中乗り」ともいっていた。⺠謡「木曽節」の「木曽のナー中乗りさん……」は、木材を筏に組んで木曽川を運ぶ「川流し」を歌ったものともいわれている。

筏師一本乗り

  • 筏師一本乗り
  • 筏師一本乗り
  • 筏師一本乗り

トビを持って丸太の上で作業を行う筏師の技術を保存・継承しようと「筏師の一本乗り」は昭和29年9月、「名港筏一本乗り」として名古屋市無形文化財、48年2月には「名古屋港筏一本乗り」として名古屋市無形文化財、51年9月には「名古屋港筏師一本乗り」として名古屋市指定無形⺠俗文化財に指定された。
昭和40年代には、筏師の技術の維持・向上を目指す目的で「筏一本乗り」の全国大会が毎年開催されるようになり、名古屋の筏師は10回のうち8回優勝している。また40年8月、世界丸太乗り選手権大会(ロッグローリング)では、初出場ながらペアで優勝した。
これに先立ち昭和27年から毎年7月20日の「海の記念日」(港の関係者限定の祭日であったがその後、国⺠の祝日として第3月曜日が「海の日」となる)に、「名古屋みなと祭」の協賛行事として、「筏師の一本乗り」が一般に公開されるようになった。〈 角相かくあい乗り、丸太回し、あば走り、曲乗り、木遣きやり〉などの妙技が披露されている。